Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【2121年 Futures In-Sight展】を訪れる vol.5

「2121年 Futures In-Sight」展へ行ってきました。この記事は5つ目です。

(今日も写真多めでお届けします)

f:id:Anou4649:20220308231733j:plain

出口近くにあったこの作品は、いろんな意味で声が出そうでした。

f:id:Anou4649:20220308231736j:plain

携帯電話、音楽記録媒体、コンパクトカメラと言う3つの製品ジャンルが「モノリス」として展示されています。

f:id:Anou4649:20220308231738j:plain

f:id:Anou4649:20220308231741j:plain

ガラスケースは高さが100年に置き換えられ、下が過去、上が現代という構成。

f:id:Anou4649:20220308231744j:plain

ひとつ目は「携帯電話」。個人的にはパカパカのガラケーも入れて欲しかった。ちょっと話はそれますが、最近UPされたコチラの動画もエモかったです。

youtu.be

f:id:Anou4649:20220308231747j:plain

f:id:Anou4649:20220308231749j:plain

ふたつ目の「音楽記録媒体」

f:id:Anou4649:20220308231753j:plain

f:id:Anou4649:20220308231755j:plain

ガラスケース(モノリス)の高さが100年を置き換える、という説明はこれをみて納得できた気がします。100年前はレコードだったのか。

f:id:Anou4649:20220308231806j:plain

CDは1990年位からかな、と思っていましたが結構前からあったのですね。

f:id:Anou4649:20220308231800j:plain

自分で編集したMDを友達と交換したなぁ、、、(遠い目

f:id:Anou4649:20220308231803j:plain

f:id:Anou4649:20220308231758j:plain

レコード→→→→カセット→CD→MD→iPodiPhoneという音楽記録媒体の流れがひと目でわかる作品。各メディアが扱う音楽(データ)量を考えると、ものすごい進歩。

f:id:Anou4649:20220308231808j:plain

3つ目のモノリスは、コンパクトカメラ。

f:id:Anou4649:20220308231811j:plain

こちらの最下段はもちろん、フィルムカメラ

f:id:Anou4649:20220308231819j:plain

f:id:Anou4649:20220308231814j:plain

そしてかなり間が空いて、使い捨てフィルムカメラへ。こうして俯瞰すると、この100年は半分以上、フィルムの時代だったのですね。

f:id:Anou4649:20220308231816j:plain

1995年に登場したCASIOのQV-10、民生機として初めて発売されたコンパクトデジタルカメラ。コレクション目的として購入した中古が、家のどこかにあったような、、、。

f:id:Anou4649:20220308231821j:plain

3つのモノリス全てで、最上段がiPhoneになっていました。欧米メーカーが始めた各媒体が日本企業に席巻され、最終的にはAppleというメーカーがポケットに入るサイズのモノリスに集約していく、という構成。歴史は集約と分散を繰り返す、という側面がありますので、これら3媒体も今後100年でどうなるかは誰にもわからない、のかもしれません。

f:id:Anou4649:20220308231824j:plain

f:id:Anou4649:20220308231826j:plain

f:id:Anou4649:20220308231829j:plain

f:id:Anou4649:20220308231831j:plain

会場の最後にあった「音」による作品。これは是非、中に入って4-5分は体験してほしい。鑑賞後に、タイトルを見て「あぁ、なるほど。」となりました。オススメ。

f:id:Anou4649:20220308231834j:plain

f:id:Anou4649:20220308231837j:plain

予想していた以上に、さまざまな分野の人が作品を提供しており、バリエーション豊かな展示。一つひとつの作品が良い意味で深過ぎず、ライトに鑑賞することが可能でした。読んだことのない、各ジャンルで人気な短編作品をテンポ良く味わえた気持ち。(中にはよくわからないものもありましたが)この美術展のアーカイブを、100年後の人が観たら、どのように感じるのでしょうね。

www.2121designsight.jp

 

振り返れば、このエントリのシリーズは5回も続きました。ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。この記事からご覧頂いた方は、これまでの記事もよろしかったら、どうぞ。

 

anou4649.hatenablog.com

anou4649.hatenablog.com

anou4649.hatenablog.com

anou4649.hatenablog.com

 

camera:sony α7Ⅳ

lens:sony SEL35F14GM