Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

FUJIFILM FINEPIX XP140 購入&開封

今年はカメラ本体を買わないと決めていたのです。決めていた、のですが。おや?これは一体、、、?!

-目次-

 

今年はGWに子供と旅行に行くことを計画しました。子供が旅先で写真を撮りたい欲が強くなってきたので、何か小さいカメラを、と探して行き着いたのがコチラ。

FUJIFILM XP140

fujifilm-x.com

 

選んだポイント

・小さい&軽い

・防水&衝撃耐性

・バッテリーの持ちが良い

・フォーカスや露出の精度が高い

 

開封の儀

必要最低限な簡易包装で入っていました。分厚い紙の説明書も入っています。

同梱品はこんな感じ。

・本体

・充電式バッテリーNP-45S(リチウムイオンタイプ)
・ACパワーアダプター AC-5VG
・プラグアダプター
・ストラップ(手首につける短いタイプ)
・専用USBケーブル
・使用説明書・保証書一式

早速充電をしてみます。

本体の開閉できるカバーは一つだけ。バッテリーの抜き差し、カードの抜き差し、充電、そしてHDMIへの出力などを行えます。

全てが集中していて良いと思えるし、充電の度に大仰なカバーを開けなければいけない、、、とも思える仕様。

防水カメラが浸水故障する原因のほとんどは、開閉部のパッキンからの入水だそうです。側面にはロック機構があり、かなり厳重そうにできています。

本体と同時に購入したもの

ストラップ、ハードケース、保護フィルムの3点を購入しました。写真を撮っているとイタズラをしたいお年頃のお子様。

 

液晶保護フィルム

保護フィルムは店頭にあったものを購入。あんまり選択肢はないようです。

ストラップ

・紐の長さが調節できる

・紐のみを取り外すことができる

子供と親で共有するので、これは選ぶ際のポイントでした。

黒色が無難で良いかな、と思っていたのですが、子供が「青!」とのことでしたので、青色を買いました。

デジカメも携帯電話も両方対応できるようになっているためか、画面を拭くクロスも付いています。

簡単に紐とストラップ部分が外せるのは、何かと便利です。

青色大好き感。ちなみに本体色も子供の希望で青色を選びました。

右側にグリップ部分があるので、小さな子供でも自然にホールドできていました。

ハードケース

こちらも子供に持たせる際は必須な製品。ブカブカにならず、ちょうど良いサイズ感です。

 

実際の購入価格@ヨドバシ

・店頭表示価格:30,250円(point10%、2022年4月時点)

価格.com:22,300円(2022年4月時点)

この日の状況はこんな感じ。

ポイントを換算しても、店頭だと27,000円相当で価格コムと比べると4-5千円高いようです。完全な同額とはならないまでも、ある程度近いといいなと思い店員Aさんと交渉。「価格コムさんの値段に近づけて頂くことは、可能でしょうか?」と聞くと、割とそっけなく「無理ですねー。」と28,000円(point10%)の提示。ポイント換算すると、25,200円。3千円の差か、、、うーん。それならネットの店舗で買うか、、、。

と、諦めて出口に向かう途中、笑顔の店員Bさんが声を掛けてくれました。こちらの方は、25,000円+point10%を提示してくれました。ポイント換算すると、22,500円です。人によってこんなに違うのか、、、。と思いながら、即決。ケースやストラップ選びも親身になって手伝ってくれて、とても良い店員Bさんでした。ありがたや。ネットだとこうした本体の周辺品って買いにくい(サイズが合うかどうかわからない&質感がわからない)ので、店舗で買えるのは助かります。

 

別記事で改めてご紹介しますが、実際にGWの旅行で大活躍してくれました。子供に持たせるには防水カメラはピッタリでした、という良いお買い物でした。