Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【家電】タイガー 電気ケトル わく子 0.8L アッシュグレーを買いました

5-6年は使ったであろう象印電気ケトルが故障。気ままでぬるめなひとり暮らしとは言え、お湯は必要です。

-目次-

 

1. 開梱の儀

外箱はとてもシンプル。

こう言うのでいいんですよ、こう言うので。

↑「君たち、どうせ説明書読まないでしょ?でもここは見たよね?見たよね?」のコーナー。メーカーさんの(お客様相談室の方々の)苦労が偲ばれます。

持ち手の部分にシール。展示品ならともかく、量産品に必要なのでしょうか。と言う議論を社内で行うのもめんどくさいので、前に習って貼っている、な感じかも知れません。(メーカーあるある)

内容はシンプル。本体と台座、説明書。

 

2. 電源ケーブルの警告札(?)対策

まず気になったのが、電源コードに付けられている「警告」です。邪魔。

ぐるぐる巻きにして、養生テープで止めてしまいました。

 

3. 本体+台座はこんな感じ

台座と本体の一体感が、なんだか良い感じです。ぬるっとしてる。(褒めてます)

突起や角のきついエッジはない、穏やかなデザイン。

 

4. 内容量がわかる小窓

ここから中のお湯量がわかるようです。これ便利?

 

5. ケトル本体の持ち手

ぬるっとした造形。なぜか持ちやすい。

唯一目立つようにデザインされている、「沸かすボタン」。電源を入れてスイッチを押すと、オレンジ色に光ります。

 

6. ケトルの蓋を外してみる

フタ中央のボタンを押します。

ボタンを押すと、その周囲の赤色部分が見えるので、開放状態であることがよくわかります。

開放状態にした上で、左右のボタンを押して引っ張ると、蓋が取れます。

ガバッと開きます。洗いやすそうで◎。

中側からも水の容量がわかる目盛りがありました。

フタは軽量。

 

7. 台座

本体裏はこんな感じ。台座との接続部はデリケートなので、特に気をつけた方が良いようです。

台座をひっくり返すと、こんな感じ。

台座の中央にコードを巻き付けて、外に出すコードの長さを調節できます。

やはり読むことのなかった取扱説明書。TIGERの会員登録を行うと、消耗品が30%OFFだそうです。電気ケトルの消耗品ってなんだ?!と思ってしまい、いまだに登録していません。使用感につづく。

 

 

 

前の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com