Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【セイコーミュージアム 銀座を訪れる vo.2】セイコーの技術革新の歴史(4F)

「見応えがある展示、無料、銀座」と言うイイコトづくめなミュージアム。その2。仕事が忙しめなので、写真主体でお届けします。

-目次-

 

建物はコンパクトな面積ながら、地下1Fから5Fまで大量のSEIKO製品が展示されています。

 

 

1892年 精工舎の設立

 

 

1945年 再び世界に挑む

 

 

 

1956年 技術開発の加速

 

 

1960年 初代グランドセイコー

 

 

 

1969年 世界はセイコー方式へ

www.seikowatches.com

昔、実家にあったような、、、。トリップメイトと言う商品名なんですね。

展示面積の中に密度が高く製品が展示されているので、意外に(?)時間があっという間に過ぎていきます。面白い。つづく。

 

 

 

 

次の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com

 

前の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com

anou4649.hatenablog.com