Anou

東京で働く40代男性のひとりごと。

【レビュー】BALMUDA The Lanternのバッテリーを交換する

*当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

2年ほど前に購入したBALUMUDA The Lantern。ベッドサイドで愛用していたのですが、ある時から点灯しなくなってしまいました。そんなに長時間使っていた訳ではないのに、、、?と思いましたが、どうやら使い方が悪かったようです。そして調べてみると、バッテリーの交換がとても簡単でした。

-目次-

 

 

 

使用上の注意点

私は寝る前の30〜1時間ほど、ほぼ毎日点灯させていました。使わない日もあったりします。2年近く使ったとは言え、部屋の天井照明などに比べれば、実際の点灯時間は微々たるもの。オシャレ家電はやっぱり、性能的にはアレなのか、、、?!と思ったりしましたが、どうやら使用方法がよくなかったようです。シンプルに「充電ケーブルを接続したままにしない」ことが大切らしい。なんとなく面倒で、接続しっぱなしでした。反省。

 

 

 

 

 

別売りバッテリーを探す

説明書を見ると、底面を外せばバッテリーの取り替えが行えるようです。公式で型番を調べると「LO2A-B100」と言う商品が出てきましたAmazonやヨドバシ.comなどのネット販売サイトでは取り扱いがなく、「BALUMUDAの公式サイト」でしか買えないようでした。メーカーとしては、消費者に「出どころのわからないメーカーのバッテリー」を使用されて不具合が起きても面倒見きれない気持ちがあるのかも知れません。

 

 

 

 

BALMUDA Technologies(表参道)で買うのがオトク

バッテリー自体はそこまで高額でもありません。税込お値段1,980円。ただし送料が+550円。ネットストアでは、お買い物全体で「3,300円(税込)」を超えると送料無料になるようです。うーん。高額な家電製品がメインのBALUMUDA。ちょうど良い「ちょい足し」な買い物がある訳でもありません。

 

と言うわけで、BALMUDA The Store Aoyama(バルミューダ ザ・ストア 青山)」で買ってきました。支払い時にカウンターでBALUMUDAをLINEのお友達登録すると-5%になる、と教えていただきました。と言うわけで、1,980円→-5%→1,881円でした。表参道付近に立ち寄れる人は、この買い方がお得なのかも知れません。

 

 

 

 

 

開封の儀

立派な紙袋に入れていただいたのが恐縮なくらい、小さな箱。

ちょっと無印良品っぽい見た目。

中身はバッテリーと説明書、のみ。

 

 

 

 

 

バッテリー交換

こちらが新しいバッテリー。

単三電池を3本束ねたような感じ。

マイナスドライバーが必要です。

今入っているバッテリーを外します。「カチッ」と言わないタイプのコネクター

特に難しいこともなく、あっという間に完了。

 

 

 

 

 

点灯テスト

おっ。

ついた。良かった。

当たり前ですが、ちゃんとMAXの明るさまで光ります。今度は充電が切れてからケーブルに接続する運用を心がけようと思います。長持ちしてくれると良いな。

 

 

 

 

おまけ

BALMUDA The Store Aoyama(バルミューダ ザ・ストア 青山)」の2Fは、トースターやコーヒーメーカー、炊飯器の試用ができる(スタッフの人が作ってくれる)フロアになっています。そこが7/21から8/30間、期間限定カフェになるようです。それ魅力。

 

 

トーストを試食した時の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com