Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【2021年に訪れた美術展 vo.5】PINK BLOOD EXHIBITION @Sony Park

2021年6月に訪れました。

blogを開始したのが12月でしたので、年を越してしまいました。

自分の忘備録として、このシリーズはもう少し続きます。

f:id:Anou4649:20220103194246j:plain

2021年6月@銀座sonypark

宇多田ヒカル PINK BLOOD EXIBITION

www.ginzasonypark.jp

f:id:Anou4649:20220103194249j:plain

待ち時間に今後見られなくなってしまうであろう共有部を。

f:id:Anou4649:20220103194252j:plain

ここから展示の風景です。

f:id:Anou4649:20220103194329j:plain

f:id:Anou4649:20220103194332j:plain

楽曲のPVで使用した衣装や小道具、大判プリントが中心の展示。美術スタッフが会場の装飾も担当したという点が素晴らしいですね。事前予約制で、早めに埋まっていた様です。

youtu.be

f:id:Anou4649:20220103194309j:plain

f:id:Anou4649:20220103194320j:plain

足元すら見えない程、暗い箇所がいくつかありました。意図なのか、展示慣れしていないスタッフだからなのか、会場の制約なのか。客数を絞っていることもあってか混乱はなく、個人的にはPVの闇から浮かび上がるシーンが好きだったので、良きでした。

f:id:Anou4649:20220103194255j:plain

f:id:Anou4649:20220103194258j:plain

f:id:Anou4649:20220103194300j:plain

f:id:Anou4649:20220103194326j:plain

実物は手作業というかコラージュ感がありますが、カメラを通すとこの通り。物凄い情報量です。PVでは花もありましたですが、展示では木々が中心の展示に。

f:id:Anou4649:20220103194323j:plain

f:id:Anou4649:20220103194303j:plain

f:id:Anou4649:20220103194306j:plain

レイアウトの制約上なのでしょうが、せっかくの大判プリントに写り込みが多く見られた点は少し残念でした。でも、本当に綺麗です。

f:id:Anou4649:20220103194312j:plain

f:id:Anou4649:20220103194315j:plain

f:id:Anou4649:20220103194317j:plain

他に、「あなたもPVでの宇多田ヒカルになれる!」的なフォトブースがありました。鏡の中に何人も写って見えるあのシーン。気恥ずかしいので画像はありませんが、来場者の殆どの方が撮ってらっしゃった様です。こういうの、いいですね。

f:id:Anou4649:20220103194227j:plain

f:id:Anou4649:20220103194221j:plain

SEL35F14GMを購入してすぐの頃だったので、つい。

f:id:Anou4649:20220103194224j:plain

f:id:Anou4649:20220103194240j:plain

少し歩いて獺祭のお店へ。エヴァのコラボ中でした。

f:id:Anou4649:20220103194237j:plain

ミサトさんの汚部屋が、すごいオサレに、、、。

お店自体は、隈研吾さんデザインの内装だそうです。

f:id:Anou4649:20220103200651j:plain

f:id:Anou4649:20220103194230j:plain

f:id:Anou4649:20220103194243j:plain

店舗が大きくはないため、事前の入場予約or当日の整理券が必要でした。外から見て満足した気になったのですが、中に入った人はミサトさんごっこができたそうです。

camera:sony α7c

lens:sony SEL35F14GM