Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

フェルメールと17世紀のオランダ絵画展@東京都美術館(上野)

コロナの影響でオープンの日程が伸びていましたが、無事に開催されることになった「フェルメールと17世紀のオランダ絵画展」へ行ってきました。

f:id:Anou4649:20220303230530j:plain

美術館に向かう途中に見かけた動物園は休園中。ゲートはリニューアルされて綺麗になっていたようです。

f:id:Anou4649:20220303230535j:plain

事前に時間指定チケットを購入しておきました。あまり天気も良くなかったためか、大賑わい、という感じではありませんでした。会期がひと月ほど短くなってしまったので、3月の半ば以降は混雑するようになるかもしれません。

f:id:Anou4649:20220303230542j:plain

フェルメールと17世紀のオランダ絵画展」というタイトルは嘘では無いのですが、「ドレスデン国立古典絵画館が誇る17世紀オランダ絵画コレクションとフェルメール」とした方が正確だったのでは、、、と感じる展示構成でした。もちろん、オランダ絵画の数々も大変素晴らしかったのですが、この一点豪華主義的なプロモーションは、誤解を招くのではないか、とも思います。(展示自体はとても楽しめたので、苦情ではないです。)

f:id:Anou4649:20220303230548j:plain

www.dresden-vermeer.jp

フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」の前は、人だかりがすごかったです。間近で見ると、筆の精緻さが凄まじく、実物の絵画が持つ凄み、迫力が感じられました。行って良かったです。

こうした人気絵画の展示でありがちな「列は設けていません。」と係の人が仰るのは道理なのですが、それだと「ゆっくり見たいから、何となく並んでしまう大多数の人の列 vs そんなの関係ねぇ!割り込む人!」という対立が生まれがち。(いつも心を無にして並んでいる派です。)いっそ、最前列と2列目など明確に区切ってくれる方がありがたい気もします。

お土産でミニポスターを購入。実物の絵画よりも、やや高コントラスト&彩度が高めに出ていたように感じますが、色の方向性としてはかなり近かったと感じました。

f:id:Anou4649:20220303230553j:plain

そしてもう一つ。「こういうお土産が欲しかった!」と、個人的なツボだったのがコチラ。

f:id:Anou4649:20220303230558j:plain

見る角度によって画像が変わる栞です。そうそう、こういうのが良いのです。

f:id:Anou4649:20220303230601j:plain

 

この日のランチはコチラでした↓

anou4649.hatenablog.com

 

camera:sony α7Ⅳ

lens:sony SEL46F14GM