Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【スターバックス リザーブ ロースタリー 東京@中目黒】vol.2 列に並ぶ時間も楽しい店内

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京を訪れてみました、その2。

30分程待ってから入店。店内は4フロアに分かれており、1Fは天井がとても高い大空間でした。

プレミアムなコーヒー体験を提供することを目的とした「スターバックス リザーブ ロースタリー」。2014年12月にシアトルに誕生して以来、2017年12月に上海、2018年9月にミラノ、2018年12月NYにオープン。そして5店舗目として、東京の中目黒にオープンとなったそうです。

「reserve(リザーブ)」:スターバックスのコーヒー豆の格付けでのプレミアムクラスを表します。
「roastery(ロースタリー)」:焙煎所、の意味。
スターバックスリザーブ・ロースタリーは店内で焙煎されたプレミアムクラスのコーヒー豆で淹れた、最高品質のコーヒーを味わうことができる店舗、と言うことだそうです。

お店の中央には、4Fまで貫く約17mのキャスク(コーヒー豆を貯蔵するタンク)がそびえます。周囲には、桜が装飾されているのは、日本ならではでしょうか。

半地下のエリアから、お店の人がコーヒー豆袋を次々と開封していきます。

ものすごい量です。

コーヒー豆は店内を縦横無尽に走る透明なチューブの中を進んでいきます。

こちらが焙煎機でしょうか。機関車を正面から見たようなビジュアル。圧巻です。

これはテーマパークですね。コーヒーを楽しむ、と言うコンセプトを極限まで高めた店内設計。

入店してからも15分程並びましたが、周りを見たり、メニューを見ていると時間があっという間に過ぎていきます。

天井の作りも非常に綺麗ですね。隈研吾さんの建築は、予算が潤沢な案件ほど隈さんらしさが薄まっていく、と言う相関性が見られるような気がします。

anou4649.hatenablog.com

 

camera:sony α7Ⅳ

lens:sony FE24-70mm f2.8 GM

 

 

次の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com

 

前の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com