Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【2022.07 SEE LV展 vol.4】ルイ・ヴィトンのトラベル製品の数々を眺める

VUITTON製品を持っていない人が行ってみました「SEE LV展」その4。

馴染みのある形状のバッグなのに、全く実物を見たことがないバッグの数々。でも実際に見ると綺麗な物ですね、、、。奥が深い。

-目次-

 

アイコニックな「ワードローブ・トランク」から最新の「スケートボード・トランク」まで──いずれも新たなライフスタイルや多彩な交通手段の進化における礎となり、ラゲージのタイポロジーの開発に大きく貢献したルイ・ヴィトンのトラベル製品の数々が集結。(公式サイトより)

 

Airplane bag in Monogram canvas & Keepall bag in Epi PVC

左上:モノグラム・キャンバスのバッグ「エアブレイン」

2021-2022秋冬

「アーティスティックな所有権を確立しました」ってすごい説明文ですね。ここはさすがに「ちょっと何言ってるかわからない。」でした。

 

左下:エピ・パターンをエンボスしたPVC素材のバッグ「キーボル」

2020春夏

説明文:「キーポル」というクラシカルなバッグの再解釈を突き詰めるため、ヴァージルはさらにフューチャーリスティックなひねりをプラス。伝説的にストレートであった両面のバンドを湾曲させ、波打つ形状を与えたのです。

文章を読んでいると、きちんと説明がなされているような、部分的に意味がわからないような、でも何だか心地よい読後感がありました。不思議。

 

Leather Aviette trunk

レザーの「アヴィエット・トランク」

1941年

空の旅に特化したメンズ向けのトランクだそうです。スーツ2着、オーバーコート1着、シャツ10まい、シューズ1足、帽子1点、アクセサリー類を収納することを想定。最大限に収納した場合の重量は30kg!

 

Chauffeur's kit in Vuittonite canvas

ヴィトニット・キャンバスの「ショファーズ・キット」

1916年

タイヤを収納して太陽や雨風から守るためにデザインされたそうです。ラインナップの幅広さよ、、、。

 

Excelski car trunk in Vuittonite canvas

ヴィトニット・キャンバスの「エクセルスキー・カー・トランク」

1923年

自動車のラゲージラックに装着し、乗客のバッグやラゲージを収納するために使用された物だそうです。防水性や耐久性を重視してデザインされ、スーツケース3個まで収納が可能。取り出しやすさもポイント。

ブランド物のバッグって、少量しか入らないイメージがあったのですが、こういう目的の製品もあったのですね。

 

Neverfull night bag in leather

レザーのナイトバッグ「ネヴァーフル」

1910年頃

鉄道での旅行でトランクと共に使用されるバッグ。現代のハンドラゲージの先駆け的存在だそうです。ルイ・ヴィトンを代表するバッグ「ネヴァーフル」の名称のインスピレーションの源になったそう。中央に刻印された「J.P」は所有者のイニシャル。

 

 

Semi-expandable suitcase in leather

レザーのスーツケース「セミ・エキスパンダブル」

1900年

このトランクのベースにはポプラ材が使われているそうです。強度や軽量化のみならず、製造工程の改良のためでもあったとか。製品を作る目的としては、現代となんら変わらない思考があったのですね。

 

Steamer bag in cotton cangvas

コットン・キャンバスの「スチーマー・バッグ」

1901年頃

その名の通り、「開封防止」を意図して作られたバッグ。船旅で、船室で落ち着いた後に洗濯物を収納するバッグがあれば便利という需要に応える物だったそうです。普段はトランクに収納、必要な際はレザー製ハンドルでドアなどに吊り下げる。そうした実需から作られたデザインが、その後のルイ・ヴィトンのアイコニックデザインになった、、、という歴史。

 

Wardrobe trunk in Monogram canvas

モノグラム・キャンバスの「ワードローブ・トランク」

1925年

紹介文:1924 年6月28日の折り込み広告では「ルイ・ヴィトンのトランクは洋服を安全かつ容易に収納でき、真のエレガンスを求めるトラベラーにとっての必需品です」と謳っています。、、、あれ?すごいまともで地に足のついた文章!!(失礼)もっとキラキラしている物だとばかり、、、。

このエリアのバッグの展示が、最も面白かったです。実物も、紹介文も。つづく。

 

camera:sony α7Ⅳ

lens:sony SEL35F14GM

 

 

 

 

次の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com

 

前の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com