Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

sony α7Ⅳで撮り歩く@小出邸(江戸とうきょう建物園 vol.3)

この日訪れた3つ目の建物、小出邸です。

外見が非常にシンプルでしたので、通り過ぎようかな?とも思ったのですが、中に入ると意匠の精緻さに驚くこととなりました。

f:id:Anou4649:20220116191446j:plain

f:id:Anou4649:20220116191450j:plain

名称:小出邸(こいでてい)
建築年代:1925年(大正14)
所在地:文京区西片二丁目
解説:
日本におけるモダニズム運動を主導した建築家堀口捨己が、ヨーロッパ旅行からの帰国直後に設計した住宅です。
当時ヨーロッパで流行していたデザインと、日本の伝統的な造形を折衷した造りになっています。(公式サイトより)

f:id:Anou4649:20220116191453j:plain

f:id:Anou4649:20220116191456j:plain

f:id:Anou4649:20220116191735j:plain

f:id:Anou4649:20220116191459j:plain

f:id:Anou4649:20220116191503j:plain

屋根は三角、窓や外見状の要素は四角、そして玄関には円。

シンプルな図形が数多く散りばめられています。

f:id:Anou4649:20220116191744j:plain

f:id:Anou4649:20220116191738j:plain

f:id:Anou4649:20220116191741j:plain

f:id:Anou4649:20220116191747j:plain

f:id:Anou4649:20220116191750j:plain

f:id:Anou4649:20220116191753j:plain

f:id:Anou4649:20220116191757j:plain

f:id:Anou4649:20220116191801j:plain

f:id:Anou4649:20220116191805j:plain

f:id:Anou4649:20220116191808j:plain

f:id:Anou4649:20220116191811j:plain

f:id:Anou4649:20220116191814j:plain

閉園時間が近かったこともあり、人が少なくて見学しやすかったです。

窓の孔子と畳の織り成す線の黄砂がとても美しい。

f:id:Anou4649:20220116191816j:plain

f:id:Anou4649:20220116191820j:plain

f:id:Anou4649:20220116191823j:plain

f:id:Anou4649:20220116191826j:plain

ピート・モンドリアンを彷彿させるような不思議な空間でした。

f:id:Anou4649:20220116191829j:plain

f:id:Anou4649:20220116191831j:plain

f:id:Anou4649:20220116191834j:plain

f:id:Anou4649:20220116191837j:plain

昔の家は暗かったろうと思いますが、その分、陽の光を取り込もうとする努力があったであろうことや、その結果もたらされる日常の美しさを感じることができました。

 

↓この日訪れた他の建物については、こちらからどうぞ。

anou4649.hatenablog.com

anou4649.hatenablog.com