Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【建物公開2022 アール・デコの貴重書 vol.13】深い緑に包まれた日本庭園を歩く

東京都庭園美術館で開催されていた「建物公開2022 アール・デコの貴重書」へ行ってきました、その13。

このシリーズも、これでラストぉ!(アスカ)です。

こちらが庭園全体の案内図。かなり広大です。本館(旧朝香宮邸)が4つくらい入ってしまいそうな敷地。しかもアップダウンの激しいルートもあるので、「あれ?」と思ったら、すぐに引き返した方が良いです。

白金台というド都心とは思えない緑の空間。

内装は豪華絢爛なデザインでしたが、外観はシンプル。

後から見返して気が付きましたが、飛行機が映り込んでいました↑。

3F、いつか行ってみたいものです。

こちらは新館。

ここから日本庭園エリア。

かなり緑が鬱蒼としています。とても暑い日でしたが、このエリアは涼しい。

かなり急勾配です。

敷地が高速道路脇に面しているので、木々の向こうに行き交う車がうっすら見えます。

歩き疲れてしまったので、西洋庭園は回りませんでした。次回来た時には見てみたい。

会期終わりの前の週だったためか、会場内はやや混雑していました。コロナによる先行きがやや不鮮明ではありますが、来年も無事に開催してほしい。

少しのつもりが、13記事もの内容となりました。ふらりとご覧いただいた方、通して見ていただいた方、皆さまありがとうございました。

 

camera:sony α7Ⅳ

lens:sony SEL24F14GM

 

 

 

前の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com