Anou

東京で働くバツイチ40代男性のひとり暮らし(たまにふたり)とかいろいろ

【アーティゾン美術館】「パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂」を鑑賞する vol.1

日本橋にあるアーティゾン美術館で開催されている、「パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂」を観てきました。その1。

-目次-

 

 

 

外観

www.artizon.museum

ブリヂストン石橋財団が運営する「アーティゾン美術館」。「ARTIZON」は、ART(美術)とHORIZON(地平)を合わせた造語だそうです。

 

 

 

 

いざ入館

2020年1月にオープンした美術館だそうです。ちょうどコロナ禍が始まったくらいのタイミングだったので、なかなか訪れる機会がありませんでした。ブリヂストンだけあって、内装のメインは「石」(なのかな?)。重厚な雰囲気が漂います。

3Fのメインロビーで受付。私は事前にチケットを購入して、QRコードで入場しました。こちらの美術館は混雑緩和のため、入場時間枠が区切られています。私は少し遅れてしまったのですが、係の人に言ったところ入場させてくれました。(お手数かけました)

受付の後は、エレベーターで6Fへ上がります。6-5F階が特設展、4Fが常設展という区分けになっているようです。

インテリアデザインの巨匠、倉俣史朗氏による一人掛けソファが置かれています。

こちらの半月型の大型ガラスベンチは、ほぼ未公開だったそうで、とても貴重なコレクション。美術館の建築やデザインについての詳しい解説がまとめられたページがありました↓。こちらを見てから訪れると、さらに楽しいかもしれません。

www.artizon.museum

 

 

 

 

パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂

週末の14時頃に訪れましたが、お客さんの入りは多め。各作品で行列ができることはなかったので、程々の混雑具合でした。

館内は一部、撮影可能でした。ここからは写真主体でお届けします。

 

 

 

第1幕 17世紀と18世紀

 

 

 

第2幕 19世紀[1]

 

 

 

 

「夢(ル・レーヴ)」のポスター テオフィル・アレクサンドル・スタンラン

 

 

 

「イエッダ」(「ル・テアトル・イリュストレ」より)

浮世絵など、日本のエッセンスが西洋に大きな影響を与えた時代。その波はオペラ座にも及んでいたんですね。日本人から見ると「?」な部分もありますが、当時の熱狂を感じられる気もします。

 

 

 

「夢(ル・レーヴ)の衣装デザイン」アルフォンス・ミュシャ

 

 

 

至る所に「兵庫県立芸術文化センター 薄井憲二バレエ・コレクション」所蔵の作品が多数。そして撮影可能な作品は、ほぼこちらの所蔵作品でした。美術館ではなく、ホール・劇場の所蔵ということですが、すごい量です。

館内は広く、作品量はかなり多めでした、記事は何回かに分けてつづきます。

 

 

 

次の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com

anou4649.hatenablog.com

anou4649.hatenablog.com

 

前の記事はコチラ↓

anou4649.hatenablog.com