Anou

東京で働く40代男性のひとりごと。

考察

【ダンジョン飯】傑作をありがとうございました〜アニメ最終回から京都へ

ダンジョン飯。 「食」という普遍的で難易度の高いテーマを中心に据えつつ、異世界における人種の属性の引き交々を魅力的に描いた名作でした。 アニメは今夜、最終話。リアタイしよっかな。

【アニメレビュー】葬送のフリーレンは、なぜ面白いのか

「葬送のフリーレン」。日テレが気合を入れて放映開始したので、若干懐疑的だったのですが、申し訳ありませんでした。大傑作です。なぜこんなに面白いのか?と言うことが気になったので、拙い文章ですが思いのままに言語化してみようと思います。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】 第24話「目一杯の祝福を君に」感想と考察

ついに完結しました。完結してしまいました、水星の魔女第24話。みなさんは何回、泣いたでしょうか?私は3回泣きました。20話辺りでは「完結できるの?!」と思っていましたが、さすがの大河内さん(脚本)。視聴者が見たかったものを、ほぼ全て詰め込…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】 第22話「紡がれる道」感想と考察① 前半の名シーン、心理描写を振り返る

あぁぁ、終わってしまう。今からロスが怖い。今週も引き続き情報量が山盛りの水星の魔女。個人的に、本作はリアルタイムで見たガンダムのベスト3に入る作品になりつつあります。たぶん2回に分けてお届けする第22話「紡がれる道」の感想と考察(できなかっ…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】 第21話「今、できることを」感想と考察① プロスペラとスレッタ、とある福音

今時点で第3期のお知らせがないので、どうやら「水星の魔女」は第2期で終わる可能性が高そうです。中途半端に劇場版で完結!とか言われて悶々と過ごすよりは、このまま怒涛のテンションで駆け抜けてくれた方が嬉しいような、うーん、寂しいような。第21話…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第20話「望みの果て」 感想と考察(1週遅れ)

6月に入り、仕事が忙しくなっております。気がつけば梅雨に突入しているし、1年の半分は終わっているし、、、時の流れが早い。前回に続き、またしても1週遅れとなってしまいましたが、第20話「望みの果て」 の振り返りをまとめてみたいと思います。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第19話「一番じゃないやり方」 感想と考察(1週遅れ)

エアリアル、エリクト、そしてスレッタの秘密が開示された第18話。次の第19話では「水星の魔女」の物語の背景にフォーカスが当てられつつ、スレッタと地球寮メンバーのが描かれたエピソードとなりました。ミオリネ頑張れ、、、。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第18話 「空っぽな私たち」考察②(おまけ)

明らかに大きな転換点を迎えた感のある「水星の魔女」第18話。ミオリネさんのスーツ姿が良かったですね。放送された日曜に考察記事をひとつUPしましたが、他にも思うところがあったので、おまけ的にまとめてみます。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第18話 「空っぽな私たち」

ベネリットグループの新総裁を巡る政治劇回かと思いきや、「エアリアルとは何か?」「エリクトはどうなった?」「スレッタの出自は?」と言う本作の大きな謎がまとめて回収されたエピソードとなりました。さらに、ガンダム伝統の「地球篇」が開始する話の流…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】「スレッタが得たものと失ったもの」&「これからのスレッタ」(振り返り)

今週の放送は総集編。わたしもこれまでの水星の魔女について、振り返りっぽいことをしてみようかなと思います。「スレッタが得たものと失ったもの」、「これからのスレッタ」など。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第17話 「大切なもの」今週はグエル祭りでした(歓喜)

グエル推し大歓喜、この展開を待っていました、待ちすぎたかもしれません。という喜びも束の間に感じてしまうような不穏な空気が満点の水星の魔女、第17話。ミオリネとスレッタの関係性に大きな変化が訪れます。先週まではプロスペラが怖くて怖くて、、、で…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第16話 「罪過の輪」会話から見るプロスペラの狂気

第2期も各種snsで大人気っぷりを誇る水星の魔女。各話の中身が豊富なので、考察や妄想をしているとあっという間に土曜日です。直前にはなってしまいましたが、先週第16話の考察その2をお届けします。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第16話 「罪過の輪」を形成する5つの罪

罪過とは「罪、あやまち。罰すること、またはその処罰」という意味。プロスペラ、ベルメリア、グエル、チームシャディク、そしてアーシアンとスペーシアン、さまざまな「あやまち」が描かれた第16話でした。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第15話「父と子と」考察〜やはりグエルは主人公だった(嬉

水星の魔女は、やはりグエルさんことボブが主人公でした。今週も相変わらず情報量が大盛り。先週の「彼女のネガイ」では、プロスペラやニカ姉、ソフィーらの願いにフォーカスされたエピソードでした。そして今週の「父と子」ではグエル、シャディク、ミオリ…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第14話「彼女たちのネガイ」考察①

情報量がモリモリのため、30分の放送時間があっという間に過ぎ去る「水星の魔女」。第2期の2話目(第14話)は、これまでの伏線のいくつかが改修されつつ、主要人物(と思われていた)や学生キャラの死亡など、物語として大きく進んだ印象の強い放送回でした…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第13話 第2期の幕開けをゆるっと考察(コレ、第3期あるのでは?)

ハエ叩きがトレンドワードに昇った第一期の最終話から、はや3ヶ月。待ちに待った第2期が、ついにスタート。相変わらず内容がモリモリ。あっという間の30分でした。個人的に気になった箇所の考察(予想)をお届けします。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第13話 謎だらけオープニング(楽しい)

ハエ叩きがトレンドワードに昇った第一期の最終話から、はや3ヶ月。待ちに待った第2期が、ついにスタート。相変わらず内容がモリモリ。オープニングだけでお腹いっぱいになってしまいそうな圧倒的な情報量。と言うわけでOPの考察(予想)をお届けします。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第12話「逃げ出すよりも進むことを」感想と考察 vol.3 〜第2期展開予想

ついに1stシーズンの最終話を迎えた「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。全体的にはこれまで11話かけて進んできた物語の「伏線の回収」ではなく、「学園百合モノの皮をブチ破って顔を出した、いつものガンダム」という方向性のお話でした。ありがとうございま…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第12話「逃げ出すよりも進むことを」感想と考察 vol.2

ついに1stシーズンの最終話を迎えた「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。全体的にはこれまで11話かけて進んできた物語の「伏線の回収」ではなく、「学園百合モノの皮をブチ破って顔を出した、いつものガンダム」という方向性のお話でした。ありがとうございま…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第12話「逃げ出すよりも進むことを」感想と考察 vol.1

ついに1stシーズンの最終話を迎えた「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。リアタイしましたが、感情の生理が追いつかず、一晩明けてしまいました。全体的にはこれまで11話かけて進んできた物語の「伏線の回収」ではなく、「学園百合モノの皮をブチ破って顔を出…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第11話「地球の魔女」感想と考察 vol.3 プラント・クエタ襲撃開始

と言うわけで2022年のクリスマスを彩ったガンダム、水星の魔女ラス前エピソード「地球の魔女」の感想と考察、その2です。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第11話「地球の魔女」感想と考察 vol.2 これが百合か、、、(尊い)

これが百合か、、、(尊い)。と言うわけで2022年のクリスマスを彩ったガンダム、水星の魔女ラス前エピソード「地球の魔女」の感想と考察、その2です。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第11話「地球の魔女」感想と考察 vol.1

1stシーズン最終話ひとつ手前。今後迎えるであろう悲劇の序章として、とても不穏なエピソードでした。各陣営の闇の深さはもちろん、制作者側の演出における闇の深さも痛感した構成でした、ありがとうございます。と言うわけで2022年のクリスマスを彩ったガン…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第10話「巡る思い」感想と考察 vol.2

見どころ満載の情報量過多エピソードとなった第10話。感想と考察、その2。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第10話「巡る思い」感想と考察 vol.1

放送開始前、こんなに何度も見返すことになる「リアルタイム放送ガンダム」になると、誰が予想したでしょうか。各話に散りばめられた伏線、そしてこれまで明らかになっていなかった設定の開示、1stシーズンのラストへ駆け上がろうとするスピード感。見どころ…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第9話「あと一歩、キミに踏み出せたなら」感想と考察

久々のモビルスーツ戦闘回でした。前半はゆっくりと人物描写、後半はテンポ良く戦闘シーンが盛り込まれました。見せ場は蒼く光るエアリアルのバトルシーンでしたが、よく見ると「シャディクとミオリネの形にならなかった恋物語」でもあった良エピソードでし…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第8話「彼らの採択」感想と考察

先週の新展開「株式会社ガンダムの設立」に続いて、第8話もボリューム満点な内容でした。これまでのエピソードで、最も情報量が多かったような印象があります。

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第7話「シャル・ウィ・ガンダム」感想と考察

「第7話からの新展開」と言う触れ込みにふさわしい、見応え満点の放送回でした。本格的な「デリング総帥vs御三家」のスタートとなりました。煌めく若い世代が見た目の主軸でありながら、上の世代の陰湿な戦いが繰り広げられるという展開。

「まだ間に合う!『機動戦士ガンダム 水星の魔女』スペシャル特番」を振り返る

巷で話題の「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の特番を見ました。今日(11/13)は大きく分けて、4部構成になっていたようです。最初は「えぇぇ、まだ第6話なのに、もう総集編なの?!早くない?!!もぉぉ。」だったのですが、想像以上に盛りだくさんな内容…

【機動戦士ガンダム 水星の魔女】第6話「鬱陶しい歌」感想と考察(その3)

3記事目になってしまいました。それだけ第6話が盛り沢山の内容だったと言うことですね(小声)。機動戦士ガンダム 水星の魔女版「補完計画」の妄想です。